看護師資格を存分に生かすスキルアップとは

治験コーディネーターの転職事情

新薬の開発は、休むことなく常に行われています。 しかも様々な企業が様々な目的で新薬の開発を行っているわけなので、人手もその分必要になります。
夜勤専従看護師に求められるスキルとは?

新薬の開発をするうえで必ず必要になってくるのが、治験コーディネーターです。 そのため、治験コーディネーターの求人が減ることはないと思っていいですね。

また、医療系の仕事は全体的に人手が足りないと騒がれています。 治験コーディネーターの場合も同じで、多くの企業で人手が足りていません。 そのため、求人情報は多いと言えるでしょう。

医療系の仕事で求人数が多いのは病院ですが、治験コーディネーターの仕事も病院求人と同じくらい見つけることができます。 既に看護師や薬剤師として働いていた経験が長く、知識を持っているという人はすぐに働くことができる職場が見つかるかもしれません。

だからといって、看護師資格や薬剤師資格を持っていれば誰でもすぐに働けるというわけではなく、臨床経験のある人のみが募集されていることも多いです。 資格を取得してすぐに治験コーディネーターになるよりも、看護師や薬剤師としての経験を積んでから面接に応募したほうが採用率が高いでしょう。

求人情報を探す際には、医師向けの求人情報を多く取り扱っているサイトを利用すると、治験コーディネーターの仕事を見つけやすいです。 ただ、治験業界は医療系の仕事の中でも特殊な仕事となるので、不安を感じてしまう人もいるかもしれません。

経験がないからという理由で不安に思っているのであれば、事前に治験セミナーなどに参加してみるのもいいですね。 求人情報サイトを活用すれば、自分の経験や知識を活かしながら働ける職場が見つかるはずです。

それと、治験コーディネーターとして長く働いた人は、その後、様々な臨床開発職への転職が有利になります。 歳を取ってからの転職先も見つけやすくなるので、まずは治験コーディネーターの求人情報をチェックしてみてはどうでしょうか。


治験コーディネーター求人でよく聞くSMOとは

治験コーディネーターの求人情報をチェックしてみると、様々なところで「SMO」という機関名を目にします。 これは、Site Management Organizationの略で、治験施設支援機関のことをいいます。

SMOを職種名や資格の名前だと勘違いしている人がいるようですが、そうではないので注意しておきましょう。 SMOは、治験を支援する組織でもあるため、治験コーディネーターとは非常に深い関わりがあるのです。

治験を実施する際には、とてもたくさんの人が関わることになります。 医師だけでなく、看護師や事務局スタッフなど、多くの人が連携しながら治験を行っていきます。

SMOは、治験に関わる様々な立場の人を支えてくれる存在でもあるのです。 日本国内では治験をする際に様々な資料を作ったり、書類を整備する必要があります。 手続きも非常に複雑であるため、国内では治験を行わず海外で行うところも増えてしまったのです。

そこで円滑に治験を行うことができるようにと誕生したのがSMOです。 治験を実施する場合、検査スケジュールを組んだり、書類の作成をしなければなりませんが、それらを全て医療機関が行うとなると大変な手間になってしまいます。

SMOが専門的な知識を持ったスタッフを派遣することにより、治験を行う医療機関では治験実施にかかる手間を減らすことができるのです。 SMOは、医療機関で治験行うための支援だけでなく、治験審査委員会の設立・支援なども行っています。

求人情報でSMO所属の治験コーディネーターが募集されていることがありますが、この場合はSMOから派遣という形で書く医療機関へ向かうことになります。

SMOは治験コーディネーターの仕事をするうえで深く関わっていくことになる機関ではありますが、治験コーディネーターとして働き始めるまではSMOについて分からないことも多いでしょう。

治験コーディネーターの求人情報サイトなどではSMOの役割などについて説明するセミナーを開催していることがあるので、事前に情報を集めておくのもおすすめです。