看護師の転職の失敗事例

看護師の転職の失敗事例

看護師の方は転職をする方も多いですが、その中でも転職したは良いけれど、失敗だったというケースも中にはあります。失敗例の一つ目としては、病院によっての看護のスタイルの違いです。

ひと言で病院での仕事、と言っても、大学病院や総合病院、クリニックでは、その規模や内容が異なり、看護師の役割も異なってきます。思っていた看護の仕事と違うという事が起こってしまうため、事前にその内容がどういったものかは確認しておきましょう。

次に条件面で納得して介護施設の仕事に就いたけれど、介護業務が嫌だったという例もあります。介護施設は夜勤がなく比較的落ち着いて働けるなど、条件面では魅力的な所もありますが、介護の仕事も行う必要があるという部分が、新たに生じてきます。

入浴の介助などがありますが、こちらも、思っていた仕事とは違うという事で、失敗としてしまう方もいます。夜勤や仕事が大変という理由で、こうした介護施設への転職は増えていますが、仕事内容も確認しましょう。

また、職場に寮があり、働きやすいという事で総合病院を選んだものの、オンコールが頻繁にあり、つらくなってしまったという例もあります。寮が設けられているのは、看護師の方の仕事のしやすさに配慮している面もありますが、すぐに必要になった時に来てもらいやすいという事で、どうしてもオンコールが多くなりがちです。

こうした事も、事前に予測できる部分もあるため、面接の際などに、どれくらい呼び出しなどがかかるのかを確認しておきましょう。 こうしたトラブルを防ぐためには、やはり事前のしっかりとした確認が大切です。

転職できれば何でも良い、今の仕事から離れられれば良いと考える方もいますが、考えずに仕事を始めてしまうと、それが自分に合っているのか分からないまま入社することになるので、また違った問題で転職を検討する可能性は高くなります。なるべく想像力を働かせて、自分がやっていけるのかどうかは入念に検討するようにしましょう。

↑ PAGE TOP